防水性能の規格

補聴器にかぎらず、電気製品については国内・国際の規格が厳密に定められています。
この規格をしっかり記載していない製品は、怪しいと考えて間違いないです。

2014年時点では、電気製品の防水性能に関する国内・国際規格は以下のように定められています。

■防水規格

JIS規格 保護の程度 IEC規格 JIS・IEC混成表記
保護等級 種類
8 水中形 継続的に水没しても内部に浸水しない IPX8 JIS IPX8
7 防浸形 一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない IPX7 JIS IPX7
6 耐水形 あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない IPX6 JIS IPX6
5 防噴流形 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない IPX5 JIS IPX5
4 防沫形 あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない IPX4 JIS IPX4
3 防雨形 鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない IPX3 JIS IPX3
2 防滴II形 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない IPX2 JIS IPX2
1 防滴I形 鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない IPX1 JIS IPX1
0 無保護 特に保護されていない IPX0

このようにして見ると、水遊びをする程度ならIPX5が、プールや海で泳ぐ場合はIPX7が、ダイビングなどの場合はIPX8が必要になります。